宅建

宅建

宅建試験は、不動産業界で必須なのはもちろんですが、民法、都市計画法、建築基準法、宅建業法などを学習するには手掛けやすい試験です。学生でも合格できますから挑んでみては。

宅建 合格ライン

宅建とは宅地建物取引主任者資格試験のことです。
平成25年度の受験者数は18万4千人。合格者は28,470人で合格率15%でした。50問中33問正解で合格だったという結果です。
宅建はいろいろな資格試験の中でも合格しやすい試験です。私は、はるか昔ですが学生時代に1回で合格できました。不動産鑑定士資格や司法書士資格を目指す人には、力試しの試験としても知られています。

やはり最短で合格するには、講習会の受講や受験カリキュラムに沿った勉強をすることが近道です。
通信教育を利用するのもいい方法です。安くて成果が出るとして定評のあるフォーサイト(Fore Sight)がおなじみですね。教材サンプルを取り寄せることができますから、実際に目で見ることができますよ。


    

宅建 2013

宅建の2013年の結果は12月4日に発表されました。
国家試験ではなく各都道府県知事が実施する試験ですから、各都道府県ごとに受験者数や合格者数が発表されています。

合格率は15%前後と、資格試験にしては合格率がいいですが、なめてかかると合格は難しいです。簡単な試験では決してありません。まずは、民法と宅地建物取引業法(業法)を中心に、ひととおりの範囲をざっとやった後は、ひたすら過去問をやるといいでしょう。
ひととおりをざっとに約1か月、過去問をひたすらにが約2か月です。
これで合格ラインをやや上回る実力がつくはずです。

これを独学でするのは効率がよくありません。
1年もかける試験ではありませんし、学生さんなど時間がとれる方は3カ月ひたすら勉強すれば合格できます。
できれば講習会で実際に教えてもらうのが一番いいのですが、通信教育でもいいでしょう。要はきちんとしたカリキュラムが必要ということです。

  

宅建業法

宅建試験の主要科目は民法と宅地建物取引業法(宅建業法)です。このほか、税法、都市計画法などが必須です。業法は宅建業務をするうえで必須な事項ばかりですからしっかり覚えましょう。

宅建を1回で合格するには、試験に出るところと出ないところをきっちりと分けて、試験に出るところをしっかりと勉強します。試験は記述はありません。4者択一です。なーんだと思った方。これが難しいのです。生半可な知識では合格は無理です。時間もギリギリです。しっかりと計画的に準備して、1回で合格しましょう。

忙しいサラリーマンや主婦でも合格者を多数輩出



     

宅建 トップへ戻る