引っ越し

引っ越し

引っ越しはどこに頼んだらいい? そんな疑問にお答えします。まずは、一括で複数の会社から見積もりを取って比較してみましょう。

オレンジ通販2号館 > 引っ越し

引っ越し 業者

引っ越し業者は、ヤマト、アーク、アート、アリさんなどの大手から、赤帽や地元の中小業者まで実にたくさんの業者があります。引っ越しの値段は、有ってないようなものといわれるくらい、あいまいなものなのです。

でも今は、たいがいのことはネットで事足りますね。
自分の都合のいいときに見積もりも取れる便利さ。
必要なら、無料で10社でも20社でもとれます。

引っ越しの予定がある方なら、費用が気になりますね。
そんなときは、まずネットで見積もりを取ることをおすすめします。
ネットで見積りを取るときの注意点は、入力項目ができるだけたくさんあるサイトで取る方が、より正確な見積金額が出せます。

人数と出発地、到着地だけで見積もりを取れるようなサイトは、手軽ではありますが、あとで大幅に金額が変わる可能性があることを念頭に置いてくださいね。

この段階では、どこの会社が安いのか、見積金額はいくらぐらいなのかをざっくりと見て見当をつけるのが目的です。だいたいの相場が分かったら、本命を含めて最低3社から実際に荷物を見てもらって正確な見積もりを取ってください。

最終的にどこに決めるかは個人の判断ですが、説明が全体にしっかりしている、荷物の破損の補償がしっかりしている、曖昧な説明ではなく質問内容によっては営業所に確認してきちんと対応してくれる。このような誠実な対応かどうか、親身に対応してくれるかどうかで判断するのも方法です。


   

引っ越し やることリスト

引っ越しが決まったら、早め早めに計画を立てましょう。
引っ越しの日を起点に逆算して、どの時点で何をするのか、やることリストを作っておくのです。
意外と日数が少ないことに気づきます。

事前にしておくことは、
○ 役所への転出届・・・新しい住所が決まったら早めに
○ 子供の転校手続き・・・こちらも早めに学校に相談を
○ 持ち家を売却するときは、その依頼
○ 車を売却するときは、その手続き
○ 引っ越し業者への見積もりと契約・・・早めに進めておきましょう
○ 荷造り
まだまだありますが、大きいものはこんなところでしょうか。
電気、水道、ガス、電話の手続きなども必要です。

それぞれに、ネットなどで調べて知識を仕入れておきましょう。
できるだけ正確な知識が必要ですから、役場や業者さんのところに足を運んで、よく確かめておきましょう。

そして、自分で作ったやることリストに、やったものからチェックと日付を入れていきます。お金の支払いもメモをつけておきましょう。引っ越しは、あとで、かなりのお金が出ていったのに何に使ったのかよくわからないといったことがよくあるからです。


   

引っ越し 挨拶

引っ越しに挨拶はつきものです。
今まで住んでいたところは挨拶だけ、引っ越し先は挨拶とともに、お土産を持ってうかがいます。どちらも、挨拶に行く範囲は向こう3軒両隣が基本です。つまり、自分の家の両隣と、自分の家の向かいの家そしてその両隣となります。特に親しかった方がある場合は、そういう方も加えます。

挨拶のときに持っていくお土産は、1,000円から2,000円程度のタオル、石鹸、お菓子など、気が張らず、あとに残らないものがベストです。簡単なのしを付けてもらえばOKです。

挨拶に行くのは、「私たちは良識のある普通の人間です。何の危害もありませんからよろしくお願いします。」という意思表示です。最初の印象が大事ですから引っ越し先の挨拶は引っ越した日から2、3日中には必ず行きましょう。

引っ越しが決まったらネットで一括見積もりを
《 ズバット引越し比較 》 引越し見積もりサイトの決定版!


   

引っ越し トップへ戻る